相手にいちいち反応するのに疲れた。モヤモヤを書いていく。

感情的な部分もあるかと。殴り書き。

どんな判断基準なんだろう

最近もっぱら家で仕事、トレーニング、生活をしているので家族との距離が近い。20歳の男子だ、少し近すぎるかもしれない。

でも住まわせてもらっている身で、鬱陶しい!とかレベルが低いし、もし自分以外の人がやっているのを見ると『悲しいなぁ、寂しい人だなぁ』とか思う。

家族のおかげで自分のやりたいこと(わがまま)を受け入れて、その環境を作ってくれていることに本気で感謝しているし、そのことを理解している。

ただ、家族と過ごす時間が多くなると言い合いや価値観の違いによる衝突が多い。

それをしている際にも最近は『またこれだ、疲れた』という感覚が湧いてくる。

客観的に見ると、全てかどうかはわからないがほとんどが自分から仕掛けている。(疲れていると言っているのに、自分から吹っかけている。意味がわからない)具体的に行くと、家族の誰かが何かに対して意見を言う(愚痴や文句だったりする場合もある)それに対して自分が100%の力で正論みたいな(筋が通っていないことも多々ある)剣城を振りかざして、論破もしくは強制的に納得させようと試みる。

クズすぎる。他人の意見にいちいち反応して揚げ足を取って、降伏させようとする。何に対してエネルギーと時間を注いでいるんだろう。寂しいのか、かまって欲しいのか、むしゃくしゃしているときに当たる存在を欲しているのか。

要するにクズだ。まるで余裕がない。そのくせ『本はお前らより読んでる!お前らよりトレーニングしている!お前らより俺の方が偉い!わかるか!』みたいに自分の正義を振りかざしている。あぁ、なんて哀れな人だろう。

中学生の先生に『将来は小山の大将にならないようにな』と言われたことがあるが、完全になっている。

だが一歩家から出ると、全くそんな素振りは出ない。あくまで主観だが。特に年上には気を使っているんじゃないだろうか。

仲の良い友達とかは気づいているかもしれない。わからない。

もしかすると下記のような考えでいる可能性がある。いや、というか確実にそうなっている。

自分より頭が偉い人 => 受け入れる 

自分より頭が悪い人 => 受け入れずに否定

これ、人を見た目や能力で判断している奴の考えだと思う。人を見下して自分を安心させるみたいな。こんな奴にはなりたくない。

だが、一方でこいつは『講演会に登壇してほしい、と言われたんだ!すごいだろう!やっぱり俺はお前らよりも上だ!』みたいなことを考えている。

自分を正当化するための材料を常に探し、それを見つけては剣城を振りかざす。過去の栄光にしがみついているだけで、軽い、そして最高にダサい。

過去の栄光にしがみつくなんて、いつか絶対に終わりが来るし、もっと才能のある凄い若い子が出てくるだろう。その時にこいつ(自分)はどんな顔をするんだろう。嫉妬でおかしくなるんじゃないかな。

過去の栄光にしがみついている様なやつが一丁前に学生に講演する?ふざけるな。

他人を見た目と能力で判断し、自分を正当化するための材料探しにエネルギーと時間を使っているようなやつの話が面白いわけないし、モテるわけがない。

自分を下げて安心し始める?

ここまでを読んで感じた人もいるかもしれないが、最近は人を貶す(けなす)時にワンクッション入れて自分への攻撃が飛んでこないようにしている。

具体的には、『これ、俺の独り言だと思って聞いて〜』とか『俺の意見述べて良い?』みたいに緩衝になる言葉を置いて、言った後に『あんた何が言いたいの?!』とか『馬鹿にしてるの?』『突っかかってきてる?』とか言われた時に備えている。

『いや、俺の独り言だって言ったよね?なに感情的なってんの?突っかかって来てるのはそっちじゃない?』くらいの勢いで返す。これで自分は満足だ。何に満足しているんだろう?

もしかしたら、注目されたいのかもしれない。自分を見てほしいみたいな。そこで思い出したのが、この前弟に言われた言葉だ。『そんなことでしか、自分がここにいるって証明できないの?寂しいね』

完全敗北。

要するに大きな20歳のかまってちゃんだ。かまってちゃんをこじらすとこうなるのかもしれない。

他にも、最初に自分がこれから発する意見への反論を述べた後で、自分の意見を言うこともある。これも自分の発言に保険をかけているのだ。

つまり、『自分の意見に対する反論を先に言う』という行動は『これから同じことを俺に言っても意味がないよね?他のことを言ってよ』と言っている。つまり反対意見の火消しを最初にやっている。

そうやって自分に緩衝帯を作ってから相手に意見を言うようにしている。臆病者なのか?完璧に仕留めたいのか。どちらにせよ、そんな人間がモテることはないだろう。そして他人に応援される人にもなるわけがない。

なんか今書いたことすらも、そんなことを言って、自分を下げてガードを作っているのか、とさえ思ってしまう。なんのために?言い訳を作っているんだろう。

応援されたい => 応援されない => 応援されないと言うことを受け入れる => 言い訳を用意する

この流れかな。言い訳を用意するは応援されない人ってバレたくないからだと思う。

殺すべきなのか、付き合っていくべきなのか

ただ、自分の引っかかる部分がある。さっきあげた部分の

応援されていないと言うことを受け入れる

と言うのは、特段間違っている気がしないのだ。これは結構な本にも書いてあったが、自分を受け入れることが大事、とよく聞く。セルフコンパッションって呼んでたっけ?

ここから判断すると今の自分に出来ていないのは、自分を受け入れた後に、その状態を正当化しようと言い訳を作っている事だと思う。

なぜ言い訳を作るかというと、他人に応援されてない、と言うことがバレるのが怖いからだ。その為に言い訳を作る。

これは本来しなくて良い作業だし、そこに時間とエネルギーを使うのはもったいない。そもそも、言い訳を作っている時点で受け止めきれていないのだろう。

自分はこうあるはずだ、こうなんだと言う理想と現実の差を言い訳で誤魔化そうとしているのか。自分のプライドとエゴだ。

プライドとエゴは殺すべきなのか?

プライドは一部の譲れない部分として持っていてそれ以外は無い、と言うのが良いとよく言われてきた。確かに筋が通っているように聞こえるし、イメージが良い。職人気質!みたいなね。

エゴについては自分がまだよくわかっていないので今度詳しく書く。

イメージとしてはどっちも完全に引き離すことは難しそうに思う。

誤魔化すことをせず、受け止めて、少しづつの改善に全力で取り組む。と言う姿勢がないのかもしれない。

勘違いするな、お前は1人で何もできない臆病者だ

最初にあげた『お前らより本を読んでる!お前らよりトレーニングしている!お前らより俺の方が偉い!わかるか!』

これ、そもそもアピールしてなんの得なの?だし相手からすると『あ、そうですか。別に自分には関係ないのでどうぞお好きに』で終わる話だ。だって勝負しているのは自分だけなんだから。

自信満々に威張ってるけど、客観的に見てみると、家に住ませてもらっていて、税金も払ってもらう部分もあったり、ケータイ代とかも払ってもらってたり。よくその分際で文句言えるな。自分が親だったら確実に家から出すw

そのおかげで勉強や、仕事、トレーニングに打ち込めているのに、勘違いして『俺はすごいだろう!』みたいにしている。しかも『洗い物もしてるし、猫の世話だってしてる!、俺は偉い!みんなのことも考えている!』みたいに思っている。最低なバカだ。

洗い物の何倍ごはんを作るのに手間が掛かるわけで、しかも仕事から帰って来てから、休まずにそのまま。そんな母に向かって文句を言うべきではない。感謝すべき。それも言葉だけじゃなく、行動で示せ。相手が楽になるようにはどうすれば良いか全力で考えろ。『ダウンジャケット早く洗ってよ!』じゃねーよ。てめー(自分)が家にいる時間を使えばいつでも洗えるのは確実だろ。パソコンカタカタ打って満足してんじゃねーよ。つもりになってるだけだろ。

勘違いもいいところだ。馬鹿でアホすぎる。

他人の目線になって物事を見る力が圧倒的にかけている。物事を単角的に捉えてその場さえ良ければと思っている節がありそうだ。

自分の首を自分で締めているのかも?

そして他人の揚げ足をとって、満足するようなことをしているが、それは必ず自分に返ってくる。必ずだ。

自分の言ったことに縛られる、ような感覚を覚える時がある。これは人に言っておいて自分が守れていないじゃないか!と突っ込まれるんじゃないか?と怖くてたまらない。

おそらく無意識に遠ざけて、誤魔化して過ごしているのかもしれない。その感覚から逃げているんだ。臆病者。

また、自分の言ったことを守る、のは良いことなのか?と思うことがある。自分のエゴにしがみついているだけでは?その言ったことが間違っていたら?そんなことも思う。

だから他人を非難するのは早いうちにやめて、自分の時間を過ごそう。返ってくるブーメランを小さくしよう。ブーメランは受けると思うけど。

自分は本来何にエネルギーと時間を使うべきなのか

自分の時間を、自分を正当化する理由を見つける作業と、他人の揚げ足をどう取ろうかと考えている時間にするのはもったいない。

少なくとも自分はそんな人間にはなりたくない。もっと自分の時間を生きたい。

そのためには、何に時間を使うのか?を考えるのではなく、何に時間を使わないようにするか?を考える。要するに無駄な時間を減らしたい。自分の場合だと下記だ。

・自分を正当化する理由を見つける作業

・他人の揚げ足をどう取ろうかと考えている時間

・自分を受け入れきれずに、言い訳を考える時間

じゃあ、これらはどんな時にしているのだろう?心当たりがあるものを挙げていく。

・他人がニュースなどに意見を言っている時

・相手の言ったことに意見する強い正義を見つけた時

・自分より弱いと感じた時

・嫉妬している時(インスタ、Twitterなど)

・他人が自分の言ったこと(思ったこと)を守らない時

・相手の意見で矛盾を見つけた時

ここら辺がぱっと思い浮かんだ。これが今の感覚であるってこと。

多分これらを感じないようにする、と言っても生まれてくる、感情を止めるのは無理なのでこれらを感じた時に自分がどんな考え、どんな反応を示すのかを注意深く観察する。

まとめ

自分は他人を見た目と能力で判断し、馬鹿にしていて、それをうまく隠そうとしている、最低なやろう。

自分を受け入れきれず、誤魔化しの言い訳を考えている。

プライド、エゴが自分が思っているよりも高く、それらが大きくなることに少し気づいている?。

何に時間を割かないようにすべきか、全てではないが言語化できた。

他人を否定するな。肯定できなくても、否定するな。

その先に相手を肯定する、と言うことも出来るように。。

最後まで読んでいただきありがとうございました。