firebaseのローカルでの環境構築の備忘録

毎回firebaseを触るときに環境構築の部分でつまづいているので備忘録。

firebase login で確認
firebase use –add で使用するアプリ選択、stagingとかでローカル環境用

firebase functions:config:set key=value で環境変数設定

firebase deploy –only functions もしくは    firebase serve。やっていることは環境変数の読み込み。

firebase functions:config:get > functions/.runtimeconfig.json でローカルでも環境変数にアクセス出来るようにする。

で、nodeを実行するのはfunctionsディレクトリかそれよりも下。そうじゃないとruntimeconfig.jsonが呼ばれないのでエラーになる。

以下でnode実行したときに取得できていればOK。projectは任意で変更する。

const functions = require('firebase-functions')
console.log(functions.config().project)