オリジナルサービスねこまっちを公開しました。

サービスに関して

サービスの大まかな概要

ねこまっちはねこのマッチングサービスです。

サービスの対象になる人

ねこの里親を探している人と、ねこをペットとして飼いたい人たちです。

また、ねこの直接的な受け渡しは個人同士でやってもらう形ですが、お金は一切発生しません。

サービスの流れ

ネコの里親を探している人がネコの投稿が出来る。ペットを飼いたい人は里親募集のネコ一覧の検索が出来る。

お気に入りが見つかれば、ネコの受け渡しまで進める。

作ったキッカケ

3つ理由

  1. facebookなどで子猫や子犬の里親を探している人がチラホラ居て、その情報を求めている人たち(ペットが欲しい人)にうまく届ける方法は無いか?と思った事(ニーズがある人たちに知ってもらう)
  2. ねこを飼っているのですが、長期で家を離れる時に友人にネコを預けると思うのですが、ペットの飼育経験がなかったり慣れていない人に預ける事が無いように!と思った事(一時的な預かり先を見つける)
  3. 自分のネコは保健所から引き取りましたが、少しでも多くのネコたちを救いたい!という気持ちがある事(ネコを救いたい!)

サービス開発に関して

使用技術

  1. Laravel 7.x
  2. php 7.4.8
  3. vue.js 2.5.17
  4. vuetify 2.4.3
  5. Bootstrap4
  6. Github
  7. Heroku
  8. AWS(S3)
  9. Mysql

開発期間

約6ヵ月、平日2~3時間、休日4時間。大体ですがこんな感じです。

苦労した点

写真の複数枚投稿、編集の実装。vue.jsとlaravelの情報の受け渡し部分や写真の表示部分などで苦労しました。

Jestを用いたvue.jsのテストの実装が初めてだったので苦労しました。

反省点、実装しなかった事

途中から機能を付け足す事が多くなっていき、複雑さが増してしまいました。

見た目の部分も最後に慌てて実装したので所々雑さが見えます。

デプロイに関してはxserverのサブドメインを使用する方法でデプロイしようと思っていたのですが、なかなか上手くいかずherokuを使用しました。

管理者機能のついても実装していません。

次の作成物は

次何か作る際は、見た目が整っていたり、機能がきちんと繋がり持っていたりなどユーザービリティの高いものにしたいです。

見た目を先に完成させてしまった方が良いのかなとも思っています。

まとめ

最初にどんなものを作りたいのか具体的に書き出せる方が作業に無駄な時間が生まれないと感じました。(作業途中で予定に無かった機能を付け足すのが頻発してしまう、みたいな事です)

見た目はユーザービリティを意識する必要がある。

テストにも意外と時間がかかる。

やはり毎日触る事で、日に日に自己解決能力が上がっていく事を実感しました。ただ出来たコードがベストプラクティスなのかどうかは分かりません。

機能一覧

ユーザー関連

・ウィザード形式(住所、電話番号)

・ログイン,ログアウト

・マイページ

・プロフィール編集

・マイページ

・SNSログイン(Google,Facebook)

・ユーザー認証機能(email)

・バリデーション

 ・アカウント論理削除(アカウント復元)

アイテム関連

・Crud機能

・下書き保存

・複数枚の写真投稿,編集が可能

・複数のタグ付け投稿、編集が可能

・バリデーション

コメント関連

・ポストへのコメント可能(Crud)

・バリデーション

いいね関連

・ポストへのいいねの追加、解除が可能

・いいねしたポストの一覧表示

フォロー関連

・ユーザーのフォロー可能

・フォロー、フォロワー数の表示

・フォローしているユーザーのポスト一覧表示

DM関連

・CRud

・フォローしているユーザーへのDMが可能

         ・リスト内での検索可能

         ・未読、既読管理

通知関連

 ・フォロー通知

 ・いいね通知

 ・ポストへのコメント通知

パンくず関連

 ・マイページ

 ・投稿

 ・DMエリア

受け取り関連

 ・受け取り機能、2段階

 ・キャンセル機能

 ・上記に伴う通知や見た目の追加

評価関連

 ・受け取り後のお互いの評価

 ・ユーザーの評価表示

テスト関連

 ・PHPUnitを使用したテスト

 ・Jestを使用したVue.jsのテスト

以上